3大ED治療薬のうちの1つにシアリスという薬があります。現在日本で販売されているED治療薬の中でも特に人気が急上昇しています。そんなシアリスと他の薬の違いを見ていきましょう。

ED治療薬の違いについて考える男性
  • ホーム
  • シアリスで週末を乗り越える

シアリスで週末を乗り越える

心配している男性

シアリスは、バイアグラ・レビトラに続いて登場した第3のED治療薬です。
主成分はタダラフィルで、バイアグラのシルデナフィル、レビトラのバルデナフイル同様に体内で勃起を終わらせる時に働く酵素をブロックする阻害薬です。
勃起が起こっている時には、陰茎の中にある海綿体の動脈血管に圧力がかかって大量の血液が流れ込んでいます。
この状態で特定の酵素が作用すると、血管が弛緩して血流も低下し、やがて勃起は終息に至ります。
バイアグラ・レビトラ・シアリスの主成分は、いずれもこの体内酵素の作用を邪魔することで勃起状態を維持する医薬品です。
しかし、シアリスにはバイアグラやレビトラにはない特徴があります。
それは、一旦血中に溶け込ませてしまえば、食事やある程度の飲酒をしても薬の効果に影響が出にくく、また薬の効果が持続する時間がバイアグラ・レビトラに比較しかなり長めという特徴です。
バイアグラやレビトラは空腹時に服用することで最大限に効果を発揮し、また効果が続く時間が限られている薬です。
そのため、使用者の男性は性行為をする時間と薬を飲む時間をいつも気にしていなくてはならず、また服用したら効果が途切れないちにと急いでセックスをする必要があります。
シアリスはこの点を改良して造られたED治療薬で、デートや週末の旅行の前に一回飲んでおけば食事のタイミングを気にしなくてすみ、時間が経ったら追加でもう一錠という心配がないのが特徴です。
シアリスの効果が長続きすることについては、欧米などではウイークエンドピルなどと呼ばれて人気があり親しまれています。
ウイークエンドピルというのは、1回服用しておくことで週末のセックスを存分に楽しむことができるED治療薬という意味です。

人気記事一覧